トップページ > 学校・団体の方へ

学校・団体の方へ

全国の中でも早くから「食のまちづくり」を推進してきた小浜市。

2007年4月にオープンした体験交流施設ブルーパーク阿納は、「食育=食の大切さ」が体験できる海の「食」体験ステージです。

都会の子どもたちに漁村の暮らしや食の大切さと感謝の気持ちを知ってもらおうと、「食育体験」と連動した教育旅行の受け入れを行い、県内外から学校行事の小中学生や一般の親子連れなどが訪れています。

 

全国でも珍しい鯛を釣って、さばいて、食べる体験

スタッフは民宿の女将と漁師。魚にはじめて触れる子どもたちも多く、きゃーきゃー、わーわー大騒ぎですが、さばき方の講習がはじまれば、慣れない手つきながら、教わる表情は真剣そのものです。

自分で釣った鯛の半身をお刺身に、残りは塩焼きにして。命をもらって食べること、獲った人、育てた人への感謝の心を育てます。

新聞に掲載されました。[PDF:毎日新聞24.10.25]

 

btn_contact

 

体験メニュー

他にも漁船によるクルージングと養殖魚の餌やり、特産の梅を使った梅ジュースづくり、海水を使った塩づくりや地元のお寺での座禅体験など、ひとつの集落(村)で体験できます。

 

メニュー内容 時期 所要
時間
定員
費用
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
魚釣り&魚さばき体験
(昼食を含む)
3時間
150名
3,500円
養殖魚餌やり体験
&漁船クルージング
2時間
120名
1,200円
梅収穫
&梅ジュースづくり体験
2時間
150名
1,200円
海水で塩づくり体験
&梅ジュースづくり体験
2時間
150名
1,200円
座禅(連性寺) 1時間
120名
200円

※梅ジュースづくり体験は、収穫時期以外では冷凍の梅を使用します。

 

プラン例

プラン例

 

民宿に泊まる“人と人との出会い・ふれあい”

 

体験学習旅行での宿泊は阿納の民宿です。若狭小浜の民宿は、全国のグルメや旅愛好者から人気があり、海の幸、山の幸のおいしさに加えて、人情が厚く親しみやすいと、毎年多くのリピーターのお客さまも訪れます。

教育旅行の受け入れにおいては、宿泊も体験の一環ととらえ、訪れる子どもたちを家族の一員として、故郷に帰省したわが子のようにあたたかく迎え入れ、心豊かなふれあいの場となることを大切にしています。

夕食後、民宿の店主や女将とふれあい、自然とともに生きる漁師の暮らしや、生きる知恵、昔ながらに受け継がれた食文化などの話聞かせをすると、子どもたちは目を輝かせ、とても真剣に聞いてくれています。

中学校の体験学習旅行

中学校の体験学習旅行での利用者数は、年々増加しています。日帰りでの利用者数も一般と小中学生を合わせて、2,500人を超えました(平成24年)。

・中学校宿泊体験の実績(人)

ブルーパーク阿納で、食育体験をして、阿納の民宿に宿泊した教育旅行のみです。

宿泊体験の実績

( )内は宿泊体験を利用された中学校数です。

 

奈良県3校、大阪府3校、岐阜県6校、愛知県2校、神奈川県1校

 

緊急連絡体制

緊急連絡体制